玖郎

名前
玖郎(くろう)
種族
玄狐 : 妖狐
職業
無職
真名
-
性別
誕生日
4月21日
誕生花
ミヤコワスレ : 花言葉「しばしの憩い」
年齢
1000歳超
身長
186cm
髪色
目色
扱える妖術
攻撃、防御、変化、治癒、異界連結
武器
なし
特技
人をからかうこと
人称
僕、君、彼
好き
お肉、酒全般、女の子
苦手
葱系
台詞
「運がなかったんだよな。玄狐はさ」
「俺はもう頑なに何かを欲しがるほど幼くはない」
「このドッペルゲンガー、殺しておこうか?」
備考
玄孤の里が滅んだときにヨーロッパにいたために助かった、もう一人の生き残り。
成獣の玄孤で、沖の両親とは友人同士。沖の母親である十夜に惚れていたが、フラれた。その後、友人である迦葉が十夜と交際を始めたため、二人に遠慮して里を離れた。
強大な妖気の持ち主で、術の扱いにも長ける。沖よりも残忍性が強く、攻撃にためらいはない。が、一方で余裕から本気で攻撃しない場合もある。
松壱と使い魔の契約をしており、彼の命令に従う。遂行できた場合は相応の霊気をもらうことになっている。
初登場
残片 1